天然石と人工石・人造石(模造品)

基本的に、パワーストーンには「天然石」「人工石」「人造石」の3種類があります。
パワーストーンは、すべてが天然石と言うわけではありませんが、実際それでも問題ないのです。
とはいえ、パワーストーン通販の利用時などは何が違うのか気になりますよね。
どういう違いがあり、何故人工石でも問題ないのか、以下で説明します。

天然石と人工石の違い

最近では天然石を売りにしているお店も多く見られますね(ちょうど大豆に「遺伝子組み換えでない」と書かれているように)。
しかし、「人工石」とは天然石と同じ成分と構造を人為的に作り出したためそう呼ばれているので、 人工石だからパワーが弱いと言うことはないと言われています。

そのため、人工石も天然石と同じパワーを持っていると考えるのが普通です。
遺伝子組み換えでない大豆も遺伝子組み換えの大豆も「ダイズ」である、ってことですね。

天然石の場合は素材や加工技術によって品質に多少のばらつきが生まれます。
独特の模様や色使いを持った石(タイガーアイやオパール)などは2つと同じものはないでしょう。
人工石では天然石ほどのばらつきは無く、どれもそれなりに美しい仕上がりになるそうです。
安定した供給が見込める人工石は開運印鑑の印材にも使用されています。
しかし値段だけをみると、天然石が圧倒的に高いです。

それらの違いをふまえて、どちらを選ぶかは個人の自由です。
そして、中には人為的には作り出せない、または作り出せても極小さいものしか作れないパワーストーンもあります。

例えば、成分が同じと言われたらえんぴつの芯からダイヤモンドを作ってみたくなりますよね。
しかし、実際にやってみればダイヤを作れるそうですが、圧力を掛ける専用の機械が必要(高額)で、
しかも本当にかすかな極小さいダイヤ(の欠片)しか作れないそうです。

見分ける方法は?

天然石かそうでないかの違いを見分けるのは非常に難しいのですが、天然石だと判断しやすい石の中に、キャッツアイやスターと呼ばれる石があります。
これらのもので透明感の高いものはぼ間違いなく天然石だと思われます。

キャッツアイは、光を当てたとき猫の目のような縦長の光の線が浮かび上がるもの、
スターはそれが星のように出てくるものを言います。
どちらも大変珍しいので、生でお目にかかることは難しいかもしれません。

他の判別方法としては、触ってみる方法があります。
基本的に天然石を触ると「冷たい」と感じるそうですが、
ガラスなどを使用した人造石(模造品)は温かく感じることがあるそうです。

あとは重さや、石の内包物、光を当てたり、電気を通すなどの方法がありますが、この方法では石が変色したりする可能性もあるので、 普段購入する際はほぼ不可能と考えるべきでしょう。実際天然石ブレスレットやアクセサリーなどを買うときには、そのお店を信頼するしかありませんね。

記念の贈り物など、大事ものならばできるだけ専門家に任せたほうがいいでしょう。
そしてもし、調べてもらったら、ついでに鑑定書をもらってはいかがでしょうか?

人造石と言う名の‘模造品’に注意

みなさんに気をつけて欲しいのは、人造石と呼ばれるものです。
人造石には、天然石に入っているはずの無いものが含まれており(もしくは素材そのものが別の物質であったり)、
これらは形や色を天然石やパワーストーンに似せただけの全くの別物です。

ガラス素材の水晶は、一見しただけでは天然の水晶との違いがわからないくらいそっくりだそうです。
慣れた人でも本物か偽者か見分けがつかないことすらあります。まあ、あるいは、用途に応じた判子などでは良い場合もあるかもしれませんが・・・

これを鑑定してもらうには、きちんとしたキャリアを持ったプロにお願いしなくてはいけません。
でも、そんな手間をかけるくらいなら、ちょっとくらい値が張っても最初から保証書付きのものを買っちゃいそうです。

また、色の鮮やかさを演出するために色を重ねて塗る場合もあるそうです。
これは人造石だけでなく、人工石でもたまに行われる、いわば石のメイクのようなものですが 翡翠のような緑がキレイなものやラピスラズリのような瑠璃色のものは、値段を吊り上げるために着色し、 色を濃く、鮮やかにしたりするのだそうです。
購入前には適正な値段・相場を確認したほうがよさそうです。

ただし、人造石の中でも「合成石」は、天然石との同様の結晶構造を持ったものを指すので、 天然石ではありませんが、ある意味本物のパワーストーンです。

見分ける方法として、その石独特の指紋のような「インクルージョン」と言うものがあります。
しかし高価な石となると、それすらレーザーで消してしまうこともあるそうですので、その場合は専門の機械が必要だとされます。

実印用の印鑑を変更しようと考える方には 頭の痛い話ですが、ある程度しっかりした会社であれば「保証書」もセットで付けてくれます。 一生ものの印鑑・印材などには多少の出費は仕方ないかもしれませんね。

  • ガラス素材の水晶は見分けにくいので注意。高級なものは証明書があるかも確認。
  • 色が深い石(翡翠・ラピスラズリなど)は着色されていないか確認。
  • 石(宝石・天然石)の相場を購入前にチェックすること。
  • インクルージョン(石の模様)はレーザーで処理ができてしまうので注意。

おすすめWEBサイト 5選

法人リスト 販売

最終更新日:2018/12/27

Copyright (C) 2008-2011 POWERSTONE(パワーストーン) All rights reserved.