あなたのパワーストーンを選ぶ

パワーストーンに興味を持ったら、とりあえず実際に身に着けてみるのがいいでしょう。購入時の選び方を紹介します。

石の選び方

パワーストーンはただのお守りとは違って、単純に持っているだけででは効果が薄いそうです。

というのも、パワーストーンは持ち主を守ってくれるのではなく、
持ち主の波長と共鳴してその力を増幅させるものだからです。
つまり、持っている人との相性がよければ(波長が合えば)、その効果を増しますが、
全く合わなければ力をほとんど発揮しないということです。
上手に使えば、運気があがれば、FX比較で外貨為替に成功したりするかもしれませんよ!

また、過去に相性の良かったパワーストーンだったら大丈夫、という油断は禁物。
同じ種類のパワーストーンでも、同じ波長を出してくれることは無いそうです。
ということは、あなたと本当に相性のいいパワーストーンを常に探す必要があるということです。

その「あなたと相性のいいパワーストーン」を探す方法は、ズバリあなたの直感や感覚です!

・・・怒らないで聞いて下さいね。実は大体のホームページや書籍には、そう書いてあります。 パワーストーン自体が「感情を落ち着ける、気力やスピリチュアルな力を増幅させる」という文句で売っているわけですから、 この探し方が一番本来の意味に合っている、ということです。

あなたが「直感で選ぶ」時、つまりあなたはその石に何かを感じたから手にとったのです。 パワーストーン辞典のようなものに書いてある「言葉」や「効果」を予め調べるのもいいでしょうし、偶然店先で見つけて衝動買いもいいでしょう。 色や形が気に入ったから、なんて単純な理由もいいと思います。

ギャンブルが好きだから勝負運を上げるパワーストーン、タイガーアイが欲しい!という人もいると思いますが、
実際にお店へ行って買ってきたら別の石だったりするかもしれません。

無数にある天然石の中からその1つを手にした偶然こそが運命の出会いと信じて、どうか大切に扱って下さい。

購入する

購入するときには上記でも書きましたが、直感を信じて、つまり「なんとなくこれが欲しい」で選んでいいそうです。
ネットショップや通販では難しいですが、それ以外の実店舗ではたいてい、石を触れるはずなので、 気に入ったパワーストーンがあったらどんどん手にとって見るようにしてください。それで、あなたが

  • 握っていると安心する
  • 見ていて心が落ち着く、穏やかになる
  • なんだかやる気が出てきたかも
  • 模様がすごく気になる
  • あれ?石なのに暖かい?

など感じれば、その石とは相性がいいので、それを選ぶことをオススメします。
こういった力に敏感な方は、ビビッと感じたりするそうです。 相性のいい石で開運印鑑を作る人もいますね。

気に入った物が見つからないときはあせって買っても仕方が無いので、後日に出直したり、 または、違うお店をのぞいてみるのもいいと思います。 こういったものは、欲しいと思っている時ほどなかなか見つからなかったりしますが、見つかるまで気長に待ちましょう。 どれにするか悩んでしまった時も、これは最高の相性の石が無いからだと考えて、後日出直したほうがいいでしょう。 パワーストーンは逃げませんから、ゆっくりと考えてみる時間を取ることも大切です。

悩んでいる間に売れてしまうこともあるでしょうが、その場合には、縁が無かったと言うことですので、違うものを探しましょう。 波長の合うもの同士は惹かれ合うと言われますから、どんな形にしろいつかは、あなたに合う石と出会えるはずです。

と考えると、実際に手に取ることができないような、ネット通販やプレゼントで貰った石でも、
運命的に惹かれあって出会った(縁があった)ものと考えられますから、それがあなたが必要としている石なのかもしれません。

選び方のまとめ

以上のように、パワーストーンを選ぶときは、色や種類・大きさ・形には関係なく、ましてや誕生日や星座にも関係なく、
あなたが「なんとなく欲しい」と感じたものでいいのです。
その「なんとなく」の部分が直感や相性であり、運命です。 相性と言うものは人間相手だけでなく、すべてのものにあるはずです。

石との相性を感じるには、最初の出会いの瞬間受けた感覚、第一印象で間違いないはずです。
パワーストーンやブレスレットの選び方は「直感」が基本。
自分自身の「直感」を信じて、出会った石を「あなたのパワーストーン」にしましょう。


Valuable information

青山でおすすめの結婚相談所ランキング!口コミや評判で徹底比較

Last update:2018/5/16

Copyright (C) 2008-2011 POWERSTONE(パワーストーン) All rights reserved.